シリーズ開始50年!歴代ウルトラマンの特徴まとめ

ウルトラマンシリーズは放送50周年

1966年にシリーズが開始されて以降、今でも多くの人々に親しまれ、人気が高いヒーローこそが、今回取り上げるウルトラマンなのです。

正確に言えば、同年1月から放送開始した「ウルトラQ」からはじまり、同年7月に初めてウルトラマンが登場しました。

TBSで放送されてから、制作するテレビ局が変わっても、現在までシリーズ作品はつくられ、新たなウルトラ戦士も登場しています。

2013年には、「最も派生テレビシリーズが作られたテレビ番組」としてギネス記録に認定され、2015年に記録更新しています。

シリーズの特長としては、ウルトラマンの故郷であるM78星雲・光の国で生まれた戦士が活躍するもの、それとは別に異なる世界観で活躍するものがあります。

昭和に放送されたほとんどのシリーズは前者、平成シリーズでは後者が主流になっています。

テレビ番組のみならず、海外で作品がつくられたり、映画やビデオ作品がつくられたりと、全体を通して様々な表現・世界観が生み出されています。

テレビシリーズの概要

まず昭和のテレビシリーズを見てみると、放送された作品は大きく第1~3期に分けられます。

まず第1期は、「ウルトラQ」「ウルトラマン」「ウルトラセブン」で、TBSではこれらを「空想特撮シリーズ」と銘打って放送していました。

1971年以降は特撮ブームが起こり、「帰ってきたウルトラマン」をはじめとする第2期シリーズが放送されました。

第2期では、「帰マン」をはじめ、「エース」「タロウ」「レオ」がつくられ、この時期にウルトラ兄弟に見られるようなファミリー設定が生まれました。

「レオ」の放送が終了してからは作品が制作されませんでしたが、書籍などによるブームの再燃により、1979年から第3期がはじまりました。

第3期では、初のアニメ作品である「ザ☆ウルトラマン」、ハイレベルな特撮技術で制作された「ウルトラマン80」が放送されました。

テレビシリーズは1996年に、平成ウルトラシリーズとして新たに放送されるようになり、制作はTBSの系列局であるMBSが担当しました。

平成第1期はいわゆる「平成3部作」といわれ、「ティガ」「ダイナ」「ガイア」が放送され、新たな世界観が人気を博し、映画にもなりました。

2001年から平成第2期が始まり、「コスモス」はMBSで制作され、「ネクサス」「マックス」「メビウス」は同系列のCBCが制作しました。

それ以降は短期作品がつくられ、2011年からはテレビ東京系列にて、「ウルトラマン列伝」が放送されました。

この番組では過去作品から選ばれたエピソードや総集編が主に放送されましたが、オリジナル作品も放送されました。

「列伝」の放送終了後、同じテレビ東京系列で2016年7月から「ウルトラマンオーブ」が放送されています。

2016年でシリーズは50周年になりましたが、今後も新たなストーリーが生まれ、進化し続けていくことは間違いないでしょう。

大きな尻尾と黄色い体!電気を放つ宇宙怪獣エレキング

ウルトラセブンと戦った怪獣の中でも、特に人気の高い怪獣こそエレキングです。
大きな尻尾と頭部の角、体から発する電気が最大の魅力です。

ウルトラマンを倒した!ボスレベルの宇宙恐竜ゼットン

ゼットンはウルトラマンを倒した怪獣としてよく知られています。
シリーズを通して強敵と言われているゼットンは、様々な手法で相手を翻弄します。

人気が高い怪獣!時代とともに変わる古代怪獣ゴモラ

特長的な角、大きな尻尾が特長の古代怪獣ゴモラは、現在でも人気があります。
作品では敵として描かれることはもちろん、主人公の味方にもなる怪獣です。

ウルトラ戦士最大のライバル!宇宙忍者バルタン星人

シリーズを通して登場してきた宇宙人といえば、バルタン星人です。
両手の鋏を使った攻撃や超能力を生かして、ウルトラマンに戦いを挑みます。

Previous Posts

WordPress theme created by ThemeMotive.